このブログのポリシー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gvレポの前に

墨谷二中の守護聖人は平将門公であるのは有名ですが、この間セレが落ちたGvの時に前半はそっちに行っていましたが後半あたりからのんびりモードに入っていたのでおりたんと二人だったし、EP城主で3バリ作成済みのERに潜伏できたのですよ。
50秒エンペ殴ってあとは3バリ割れたアナウンスあるまで動画でも見ていようとたまたまニコ動で帝都物語を見ていたのです。
それで帝都物語うんちくを話しながら雑談していたのですが、嶋田久作の真似してまさかどぉぉぉって叫んだら

ぴゅーん

マシンが落ちました。なんとか当日は復帰したものの後日、DドライブがI/Oエラーで沈黙。土曜日に至ってはWindowsが立ち上がらなくなるという事態に・・・。

というおかるティックな話。

でも前節の自分の動きはやたらおりがみ先生はお気に召したようで100年に一度あるかないかのお褒めの言葉をいただきました。

だけどね・・・おりたんと自分しかいないGvのときは支え合う手段が足りないからどうやっても昔のように

ゆりかごからはかばまで

するしかないんだよ・・・どちらかが倒れたらあとは一人でエンペを破壊するところまでやりきるしかないのだからぶっちゃけ平常時でも自分は極力死なないようにしているし、多分、まだなんで落ないか分かられていないと思う。だけれど一人がいなくなったらもう自分しかいないというのは指揮なんてものが存在しなくなるから死なないついでにエンペも壊しているだけの話なのです。
しほたんとあねごが加入してくれてそれをやる必要が少なくなったし、毎回全部自分ですべてやろうと思いながらプレイしたら一回のブレイクはできても最終的に砦を取ることは難しくなるのですよ。なぜなら割り切るまで指示が停止してしまうから。最後の正式メンバーたるしほたんとあねごという選択肢が増えたことで取得の可能性はぐっと高まっているのだから可能性の低くなる自分のアタックはフルメンバーいるときにはやりません。
指示を出しながら混戦の中にいたらセルフディストラクションを避けることとかは正直自分には無理だから・・・。

ブーンで近寄ってくるセルフディストラクションやRoGは正直反射神経が必要だからどうしても常に自分の周囲に気を配らないと避けれない。だけれど砦を取ること、に関して言えばアナウンスを見ているほうがよっぽど良いのです。

ちなみに自分はGv中でも装備閲覧が可能となっておりますので攻撃のチョイスはそこからどうぞ。

だけれどセレの人とかは呪縛から阿修羅ではなく、余裕があるときはクラストでの処理をするという伝達などの面が本当に素晴らしいと思ってます。

軽く17日のGvに触っておくならばまったく砦を取れても自分は嬉しくなかった。こればかりは動かしがたい事実なんですよね・・・。N3には水着になるアイテム使って見に行ったりしてましたけれどセレナイトの攻撃の布陣も素晴らしかったけれど連合側の防衛がさらに素晴らしかった。多分、次回もというか砦の構造と人数があれだけきっちりしていれば次回もN3は落ちることがないと思いました。だって・・・今まで鉄壁だったセレナイトの防衛を踏襲しつつ、完全に防衛に力を入れている連合を落とすというのはハードルが高すぎる・・・。

自軍の人数を増やすのではなく、相手の人数を減らすほうが楽だと思いました。毎週ワンチャンスタダ後はNを複数取っていくのが材料の在庫数も増えるし、お盆休みまでには放棄されてしまうわけだし、20砦を狙うチャンスだと考えるとなかなか悪くないかなと。

んー、だって派兵がなければGvGに参加しているギルドの数が少ないから現実が見えるんです・・・N3の戦いが最後まで行われていると収まる砦がごまんとあると。

Gvやってみたい人、Gvやめたけど復帰する方はチャンスとも言えるので

GvGで砦をゲットしてみませんか?

コメント

コメントの投稿

(c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.(c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。