このブログのポリシー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GvG

TEはおりたんがいないのでTEというもののシステムを理解しようとオークベイビー退治と木箱を集めながらやってました。距離的なものでGしか行ってなかったのですが、なんだかんだと高確率で最後エンペ殴れる位置にいます。
ただし、一人なので一分は時間を取らないといけないので取得との間には日本海溝並みの差があります。ポタなしのGvなんて炭酸の抜けたコーラみたいなもんです。ただし、炭酸が抜けたコーラが好きな人もいるってことだけは肝に銘じるべきだと思います。どこかで参加するっていう選択肢が一番楽かなと。

現時点で継続中なのですが、日曜日は風邪を引いて風邪薬のせいで頭ぽわぽわでした。
しほさんとあねごは途中参加だったのでなおさらぽんわりとやってました。ラストはしほさんがEMCで回収できず、割ったタイミングであねごが鯖キャン、実質の防衛人数がおりたんと自分の二人だけになってしまったので攻め手のミスを期待するしかなくなってしまってました。銀世界先生がマスターだったときに

「昔のキャプテンだったらやってくれていた。」

とか最近だとおりたんに

「なんで回復剤もってねーんだよ」

などと良く言われている自分ですが、一つだけ・・・たった一つだけ自分が誇れるものがあっていや、一つしかなくて
あるぜ、とっておきのやつがよぉ・・・

「にっげるんだよぉぉぉぉ」

逃げる

ことだけには絶対の自身があります。

これだけは言いたい。逃げることしか考えてない。逃げて逃げて追いかけてくる人を各個撃破する。それだけです。RKだけは勘弁して頂きたい。

逃げる間に次の一手・・・そこから逃げるだけじゃなくて戦う、見る、色んな選択肢が見えてきます。それが楽しい。

まぁ、逃げてるだけじゃ砦を取ることはできませんから!

コメント

コメントの投稿

(c)2006 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.(c)2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。